[特集]サムスンの「超格差戦略」とは何か?(上)

スマホ 半導体 特集

[特集]サムスンの「超格差戦略」とは何か?(上)

「超格差」(초격차)とは、サムスン電子の競争戦略を指す言葉である。現代韓国社会の収入格差を連想される方もいるかもしれないが、それとは関係がない。正確には「超格差戦略」(초격차전략)と呼ばれる。
 
 
元々はサムスン電子内で用いられ、外部でも知られるようになった用語のようだ。とはいえ、韓国の一般社会において正確な概念が共有されていたわけでは必ずしもない。一般には、市場独占・寡占のような感覚で用いられ、「すごい競争力」のような漠然として意味として捉えられてきた。日本ではもちろん、あまり馴染みのない言葉だろう。
 
 
2018年9月にサムスンの元会長であったクォン・オヒョン氏が、その名も『超格差』というタイトルの本を出した事で、初めて当事者による正確な説明がなされた形だ。(原題:『초격차 -넘볼 수 없는 차이를 만드는 격-』)(日本語未訳)
 
 

サムスン電子は、言わずと知れた、エレクトロニクス業界の巨人である。メモリ半導体でとスマートフォンの世界シェア一位、ファウンドリ事業でも世界二位につける。昨年はメモリ半導体不況により業績を落としたが、売上高230兆4000億ウォン(約21兆円)、営業利益27兆7700億ウォン(約2.6兆円)を記録した。時価総額は世界14位(直近)に付ける。そのサムスンにあって、創業家以外で初めて会長にまで登りつめたのが、クォン・オヒョン氏だ。
 

(参考記事:「サムスン電子が第4四半期実績を発表。通年では営業利益半減」)

 
クォン・オヒョン元会長は、米スタンフォード大学で電気工学の博士号を取得し、1987年に当時のサムスン半導体研究所に入所。開発部門に従事する純粋なエンジニアであったが、1998年に突如、経営部門に異動させられる。当初、経営の門外漢だった氏は戸惑うが、そこから叩き上げ、サムスン電子の会長にまで登りつめた人物だ。在任中に米インテルを抜き世界半導体1位を実現(19年に2位に陥落)するなど成果は華々しいが、メディアなどを見ると、面識のあるという人は、決まって「控えめな人」、「物静かな人」というような印象を語る。
 
 

同氏の著書『超格差』は、リーダー(第1章)、組織(第2章)、戦略(第3章)、人材(第4章)で構成されているが、戦略論として読むのであれば、やはり第3章が見どころになる。
 
 

同章において、クォン元会長は、「どのような状況においても利益を出せる方法はないか?」と考えたと述べる。それはリーマンショックによりサムスンが赤字を出した年だったという。熟考の末、出した結論は、「これまで行ってきたような絶え間ない努力や改善では競争相手を少し制するだけで意味が無いということ。そこから脱するためには、絶対的な競争力が必要であり、これを達成するためには改善ではなく、革新を行うしかなく、競争相手が真似できない”超格差戦略”を実施する」ことだったという。
 
 

超格差とは、「単純に技術的な格差のみをいうのではなく、研究開発目標の設定や方式・製造ラインの運営とシステム・インフラ・働き方・文化などすべてを変化させるという意味が込められている」とし、「改善は部署別に順次、もしくは部分的に行うものだが、革新は全部門で同時に行わなければ成功しない」と説明する。
 
 

例として、クォン元会長は当時、固定されていた製造部門と技術部門の垣根を取り払い、マトリックス組織体系にしたという。組織内で抵抗もあったが、(時系列は不明だが)ときには両部門の責任者を電撃的に取り換えるなどしてセクショナリズムを徹底排除。それにより各ライン別に最適化されていた工程も再検討が可能となり、製造目標レベルも大きく引き上げることになったという。
 
 

その成果が3D NANDメモリであり、大容量SSDだったという。これらは、新しい工程・材料・アーキテクチャー・シュミレーションによって開発できたものであり、競争相手よりも数年早く販売できたと述べている。(※成果についての具体的な数字などについては同社の経営機密に結び付くということから伏せられている)
 
 

クォン元会長の説く超格差戦略は、一見、ピーター・ティールの「ゼロ・トゥ・ワン」戦略に似ている。同戦略は市場の独占や寡占により、無競争で十分な利益を得ようというものだ。しかし、同書では、無競争を否定している。クォン元会長は「仮に一つの企業が一つの製品群を独占するとれなれば、市場が生物学的循環機能を失うことになり、その企業の発展や変身も止まることになる」と述べている。
 
 

そのうえで、「超格差は単純に市場パワーや相対的順位を意味するものであってはならない。それよりも、比較不可能な絶対的技術優位と、絶え間ない革新、それに見合う社員たちの格を意味しなければならない」と説明している。
 
 

競争を排除せず、あくまで、革新によって優位を得るという考え方である。同氏はまた、無駄な会議を無くす必要性や、部下の労働負荷を安易に増やす事の危うさ、事業に優先順位を厳密に付けることの重要性などにも言及することで、戦略論としての「超格差」の説明に奥行きを与えている。(下につづく

 
 

執筆:イ・ダリョン=編集長

 
 
 
(以上)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない