ボルボがバッテリーパック生産。LG化学の供給は?

EV電池 企業

ボルボがバッテリーパック生産。LG化学の供給は?

スウェーデン・ボルボ(Volvo Cars)が3月からベルギーのヘント(Ghent)工場に新設したバッテリーパック生産ラインが完成したと発表した。各国メディアが報じた。

韓国の自動車関連メディアであるオートデイリーによると、ボルボの関係者は、「XC40 PHEVにはLG化学がバッテリーセルを供給し、年末から生産される電気自動車バージョンにはLG化学と中国CATLが供給する」とし「両社とも長期供給契約が締結されている」と述べたという。
また、同関係者は、アウディ、ジャガーの電気自動車に対するLG化学の供給に支障が出ている問題について、「必要な量のバッテリーを確保する」と述べたという。
同関係者は、「競合他社が必要分の電気自動車を作るため、より多くのバッテリーセルを必要とするが、ボルボは次週からヘント工場で電池の組み立てを開始する予定であり、今年の秋から最初の電気自動車を生産するため、その時までにLG化学のバッテリーセルの供給問題が解決されると思う」と説明したという。
(参考記事:「LG化学のEV電池、ポルシェやアウディに全量供給できず」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない