ZフリップにUTG供給の韓国企業、社員10人の零細企業から躍進

スマホ ディスプレイ 企業 研究開発

ZフリップにUTG供給の韓国企業、社員10人の零細企業から躍進

サムスンの最新フォルダブルフォンである「ギャラクシーZフリップ(Galaxy Z Flip)」のカバーウインドウに超薄型ガラス(UTG)を供給したドウインシス社が注目されている。ソウル経済紙によると、同社は10年前から「折るガラス」の技術を集中的に開発していたという。
(参考記事:「ギャラクシーZフリップ採用ガラス、ドウインシス社が独占供給」)
(参考記事:「zフリップ発売でUTGとCPIの素材対決?」)

同紙によると、ドウインシス社は昨年まで10人前後の社員しか存在しない零細企業だったが、今回のUTG採用に伴い社員を200人にまで増やしたという。最近は、新型コロナウイルスの影響に関わらず、週末問わず設備をフル稼働させ生産を追いつかせているという。先月28日には、設備投資のため、外部からの230億ウォン(約20億円)規模の投資も受けたとのこと。
同紙は、フォルダブルフォンのカバーウインドウとしては、日本の住友化学が開発したCPIフィルムが代表格であったが、昨年の日本による輸出規制(輸出管理強化)を受け、各企業も国産化を意識したことが、ドウインシス社のUTG採用に影響したと指摘した。
2010年に設立されたドウインシス社は、ディスプレイ部品の素材企業である。創業者であるク・ボンギ最高技術責任者(CTO)は、サムスンディスプレイで勤務した経験をもとに、30年近くディスプレイ材料の開発に従事した人物だ。サムスンディスプレイでは有機発光ダイオード(OLED)パネルや「Galaxy edge」の開発にも携わるなど、韓国のディスプレイ素材専門家の一人に数えられるという。
同紙によると、業界のある関係者は「ク・ボンギCTOは9年間、借金をつくりながらも、曲がるディスプレイ技術の開発に没頭した」とし「安定した素材技術の開発により、最終的に大企業の量産を得た」と述べたという。
昨年までは収率に問題があったが、サムスンディスプレイと共に研究開発をすることで、この問題も相当部分解消したという。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない