「Galaxy M21」インドで18日から発売へ。新普及モデル

スマホ 企業

「Galaxy M21」インドで18日から発売へ。新普及モデル

サムスン電子が普及型スマートフォンの新規モデルである「ギャラクシーM21(Galaxy M21)」を18日からインドに発売する見通しだ。
ITメディア・BGRインディアは15日(現地時間)、「ギャラクシーM21」の発売日が当初予定の16日から18日に変更されたと報じた。
「ギャラクシーM21」は、インド市場で先行して発売され、その後、欧州市場でも発売される見込みだという。 BGRインディアによると、「ギャラクシーM21」は18日深夜から発売されるという。

韓国ZDNetコリア紙は、海外メディアの情報を総合した結果、「ギャラクシーM21」は背面にトリプルカメラを搭載したと指摘。背面に4千800万画素のメインカメラ、前面には2千万画素のカメラを搭載したとする。
6000 mAhの大容量バッテリーと6.4インチのスーパーAMOLEDディスプレイも備えているという。流出された画像によると、カラーはブルー、ブラック、グリーンの3色があり、背面には指紋センサーを搭載されたと同紙はみている。
スマートフォンの性能評価専門サイト・ギークベンチによると、「ギャラクシーM21」がエクシノス9611SoCと4GBのRAM、64GB / 128GBのストレージ容量を搭載すると予想した。
サムスン電子は先月、インド市場で「ギャラクシーM31」を発売した。同製品の出庫価格は1万5千999ルピー(約23,000円)であった。
一方、サムスン電子は、インド市場で市場シェア2位を占めているが、昨年の第4四半期には、ビーボの成長に押され3位となっている。
(参考記事:「1位シャオミと2位サムスンの差広がる、インドスマホ市場。3~5位も中国勢」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない