サムスン半導体部門、キャリア職を大規模採用へ

その他 企業 半導体

サムスン半導体部門、キャリア職を大規模採用へ

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響により韓国企業が、今年上半期の採用を軒並み延期するなか、サムスン電子の半導体部門は歴代最大規模のキャリア採用を進めているようだ。複数の韓国紙が報じた。
サムスン電子は19日、キャリア職の求人を公示し、DS(デバイスソリューション)部門の10組織、51の職務で社員を募集した。
同社半導体部門はこれまでもキャリア採用を随時進めてきたが、今年の募集人員は史上最大規模であり、組織全般で人材を採用を行うようだ。
今回対象となる募集部門は、メモリ、システムLSI、ファウンドリの3つの事業部と、半導体研究所、TSP総括、総合技術院などであり、同技術院に新設された(スマート工場を構築する組織である)「DITセンター」も含まれているという。
韓国経済新聞は20日、「サムスン電子はコロナ19という悪条件下でも「半導体超格差」の維持を目標にし、積極経営に乗り出す計画」であると解釈した。
サムスン電子・DS部門のキム・ギナム代表取締役(副会長)は、18日の定時株主総会において「コロナ19など対外的不確実性が継続すると予想されるが、超格差技術を拡大しグローバル市場1位を確固たるものにする計画だ」と明らかにした。
また、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長も、今月19日にサムスンディスプレイの牙山(アサン)事業所を訪問し、長期事業の点検を行うなどしている。
イ副会長は先月30日、次世代極端紫外線(EUV)の生産ラインも訪れており、「予想外の変数が生じ大変だと思うが、束の間も留まってはいけない。揺るがず挑戦を続けよう」と励ました。
一方、新入社員の上半期公開採用日程は、一カ月ほど延期されたという。「既存の大学のキャンパスで行っていたリクルーティングも、オンラインに移行される」と韓国イーデイリー紙が22日報じている


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない