LG電子の各国工場が生産中断。ロシア・ブラジル・北米・インド

その他 ディスプレイ 企業

LG電子の各国工場が生産中断。ロシア・ブラジル・北米・インド

30日、韓国メディアによると、LG電子のロシア・ルザ工場とブラジル・マナウス工場が同日から、それぞれ来月5日と3日まで稼動を中断するという。
ロシア・ルザ工場は、韓国のエレクトロニクス企業としては初めてロシア現地に建てられた工場である。小都市ルザの約8万3000㎡の敷地に、TV・モニター生産ラインと冷蔵庫・洗濯機の生産ラインを備えている。現地の雇用人員は1600人余りで、協力会社の従業員まで含めると4000人規模であるとのこと。

ブラジルの北西部に位置するアマゾナス州所在のマナウス工場は、LG電子の中南米市場における生産拠点となる工場だ。 TVとエアコン、電子レンジ、モニターなどを主に生産している。
LG電子は、先日、30日から4月12日まで、米国テネシー州クラークスビルの洗濯機工場の稼動を中断すると明らかにした。これにより、LG電子は、北米・中南米では、メキシコの家電・TV工場のみ稼動中であった。
インドでは、政府が全国封鎖令を敷くに伴い、同国ノイダとプネにあるLG家電のTV工場も4月14日まで停止している。
ヨーロッパにおけるTV生産拠点である、ポーランド・ムワバの工場も先週3日間の稼動中断を行い、生産量は30%水準に落ちたことが分かった。
一方、サムスン電子も欧州およびインドの工場の稼働を中断している状況だ。
(参考記事:「サムスンの欧州TV工場停止。ハンガリーとスロバキア」)
(参考記事:「サムスンとLG、インドの主力工場停止。新型肺炎に伴う州政府指示で」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない