サムスンがQ1暫定値発表。メモリ反騰で前期比増

企業 半導体

サムスンがQ1暫定値発表。メモリ反騰で前期比増

 
サムスン電子が7日、同社の今年第1四半期の暫定実績を発表した。連結基準で売上55兆ウォン(約4.9兆円)、営業利益6.4兆ウォン(約5700億円)だった。前期比売上高は8.15%、営業利益は10.61%減少したが、前年同期比の売上高は4.98%、営業利益は2.73%増加した。(※暫定実績は国際会計基準(IFRS)に基づいて推定された結果であり、まだ決算が終了していない中で、投資家への情報支援の一環で提供されるものである)

韓国メディアや証券会社などでは、同社の前年同期比での実績改善を初期予想よりも良好な結果であるとし、メモリ価格の反騰が業績改善に貢献したと指摘されている。しかし、新型コロナウイルスの影響が本格的に反映される第2四半期の実績は低迷するとの見方が出ている。

部門別の業績は発表されていないが、同国のメリッツ総合金融は、ITモバイル(IM)部門が2兆4000億ウォン(約2150億円)、消費者家電(CE)部門4000億ウォン(約356億円)の営業利益を記録したとの推定している。また、サムスンディスプレイ(DP)とその他の部門でそれぞれ3600億ウォン(約320億円)、1500億ウォン(約134億円)の赤字を出したこと見た。

キム・ソヌ同研究院は、「コロナ19関連の需要鈍化がIMとCEのみ作用したが、半導体部門の構造改善基調が予想を上回り、好実績を導いた」と評価した。
 
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない