EV電池 特集 研究開発

[特集]次世代車開発にイケイケの韓国ヒュンダイ 世界4位のEV車、BTS起用の水素車、そして四足歩行車…?

ヒュンダイ自動車が、ソフトバンクとの間で、ソフトバンク傘下のロボット開発企業であるボストン・ダイナミクスを買収する方向で協議していることが明らかになった。 買収価格は最大10億ドル(約1050億円)とされる。ボストン・ダ […]

EV電池 通商・特許

韓国で二次電池特許の出願が活発化…1位ヒュンダイに迫る日本勢、テスラは「スルー」

韓国において、自動車メーカーによるエコカー(電気自動車バッテリー・水素自動車燃料電池)に関する特許出願が活発化していることが分かった。   日本から韓国企業への特許訴訟増加、うち一件は旭化成と判明…二次電池分離 […]

EV電池 通商・特許

韓国企業によるEV電池の泥沼訴訟戦、フォードやVWも巻き込み継続…米ITCが新たな証拠要求

米国を舞台にした韓国企業同士(LG化学とSKイノベーション)によるEVバッテリーの営業秘密侵害訴訟は、米大統領選の影響などで米ITC(国際貿易委員会)が判決を延期(→12月10日)しているが、今回新たな資料の提出を両社に […]

EV電池 通商・特許

韓国バッテリー企業同士の米訴訟戦、判決が再び延期…トランプ拒否権発動見方もあった

米国国際貿易委員会(ITC)は26日、LG化学SKイノベーションによる電気自動車バッテリー営業秘密をめぐる訴訟について、最終的な判断を12月10日に延期すると発表した。韓国各紙も一斉に報じた。具体的な理由は明らかにされて […]

EV電池 研究開発

EV界のゲームチェンジャー? サムスンが走行距離1000kmの電池関連技術開発に成功

韓国サムスンが、1回の充電で1000kmの距離を走行することができる電気自動車バッテリーの商用化を早める技術を開発した。ガソリン車に比べ走行距離が短い電気自動車にとってネックとなっているが、今回の研究により、それが大幅に […]

EV電池 通商・特許

日本から韓国企業への特許訴訟増加、うち一件は旭化成と判明…二次電池分離膜をめぐり

日本企業による韓国企業への特許訴訟が増加傾向にあると報じられるなか、特に二次電池関連の訴訟が多いことが分かっている。そのうちの一つが旭化成によるものであることが分かった。   (参考記事:「日本から韓国企業への […]

EV電池 特集

[特集]テスラが提示したLG化学への圧力カード…テスラの電池内在をめぐる両社の関係

テスラは先月23日、米加州にあるフリーモント工場で「バッテリーデー」イベントを開催した。電気自動車産業をリードするテスラの同イベントは世界的にも多くの関心が寄せられた。 イーロン・マスクCEOは同イベントにおいて、電気自 […]

EV電池 通商・特許

日本から韓国企業への特許訴訟が増加傾向…二次電池関連に集中

日本企業による韓国企業への特許訴訟が増加傾向にあるようだ。 韓国各紙は29日、韓国特許庁が与党議員に提出した書類を基に、日本企業が韓国企業による素材・部品・装置の技術特許に対して、今年だけで9件の特許訴訟を起こしていると […]