EV・バッテリー 企業 研究開発

韓国ミレキュラス、EVバッテリー火災を減らす安全装置システム特許登録

電気自動車(EV)の火災爆発を発生させる主な原因と指摘されているリチウムイオンバッテリーの被害を減らす装置が特許登録された。電気車研究企業ミレキュラス(副会長イム·サンジン)は2日、「電気車火災安全装置システム(EVFS […]

EV・バッテリー 半導体 研究開発

未来のモビリティ市場の主導権をめぐる「プラットフォーム戦争」は今

韓国企業が今後、未来移動手段(モビリティ)市場で生き残るためには独自開発·協力の生態系(エコシステム)を構築する必要があるという主張が提起された。資本力や先端技術を打ち出したグローバル情報技術(IT)企業各社が、モビリテ […]

EV・バッテリー 企業 研究開発

電気自動車やスマホの必須部品となるマグネット、LG系列会社が開発成功

LGイノテックが重レアアース(希土類)の使用を最小化しながらも、性能は世界最高レベルに引き上げたマグネット(磁石)の開発に成功した。マグネットは、車両用モーターやスマートフォンカメラ、オーディオスピーカーはもちろん、風力 […]

EV・バッテリー 企業 研究開発

「一つだけでダメだ」Kバッテリー、EV電池の多様化に向け開発に拍車

韓国国内バッテリー3社がグローバルEV(電気自動車)市場の需要に対応するため、多様な形の電池製品開発に尽力している。三元系基盤パウチ形、角形、円筒形など主力リチウムイオン二次電池などの形に加え、リチウムリン酸鉄(LFP) […]

ディスプレイ 企業 研究開発

ソウルバイオシス、直径1μmのマイクロLED開発に成功…「マイクロLED」の大衆化に寄与

(画像出典:ソウルバイオシス参考/翻訳) 韓国LED専門企業であるソウルバイオシスが、効率低下によりこれまで量産できなかった70μm未満のレッドマイクロLEDの生産歩留まりの難題を解決し、「マイクロLED」の大衆化への先 […]

EV・バッテリー 研究開発

韓国材料研、電気自動車バッテリー放熱新素材開発など「素材·部品·装備」の成果を披露

(画像出典:韓国メディア「聯合ニュース」参考/翻訳) 韓国科学技術情報通信部傘下の韓国材料研究院(KIMS、以下材料研)が、素材·部品·装備(素·部·装)自立化の成果を披露した。聯合ニュースが伝えた。 材料研は17日午前 […]

スマホ ディスプレイ 研究開発

サムスンディスプレイ、消費電力を25%縮小したスマートフォン向けOLEDパネル開発

(画像出典:サムスンディスプレイ) サムスンディスプレイは16日、消費電力を25%引き下げた低電力スマートフォン向け有機発光ダイオード(OLED)パネルの開発に成功したと明らかにした。韓国朝鮮日報が伝えた。 サムスンディ […]

スマホ 研究開発

スマホ画面からインカメラ穴をなくす…「UDC技術」採用で繰り広げられる激しい競争

スマートフォン画面において、インカメラ(前面)が見えなくなる時代が近づいている。アンダーディスプレイカメラ(UDC)またはアンダーパネルカメラ(UPC)と命名された「夢の技術」を採用するメーカーが増える見通しのためだとい […]

EV・バッテリー 研究開発

韓国科学技術通信部、水素電池触媒・ホログラム用光メタ素材の源泉技術確保へ

韓国ニュースメディアによると、韓国科学技術情報通信部は3日、ナノ・素材技術開発事業の2021年度新規課題を選定し、8つの国家核心素材研究団と4つの未来技術研究室を新しく発足すると発表した。 ナノ・素材技術開発事業は、素材 […]

イメージセンサ 研究開発

韓国研究チーム「大面積硫化モリブデン基盤の超高敏感イメージセンサ開発」

韓国研究財団は7日、ソンギュングァン大学校のキム・ソングク教授の研究チームが2次元半導体物質、二硫化モリブデンの多結晶大面積成長技術に基盤した能動イメージセンサアレイシステムを開発したことを明らかにした。 均一な大面積二 […]

研究開発

韓国と豪州研究チーム、有機太陽電池の成分・構造の最適条件を探索するマシンラーニングモデルを開発

ウルサン科学技術大学校(UNIST)とオーストラリア連邦科学産業研究機構の研究チームが、有機太陽電池開発に人工知能を活用した技術を開発した。この技術は、有機太陽電池にとどまらず、多様な印刷型光電素子の開発研究を加速化でき […]

半導体 特集 研究開発

[特集]KAISTが既存の通信素子の欠点を克服した「3次元積層型化合物半導体素子」の制作に成功

KAIST(韓国科学技術院)は電気電子工学キム・サンヒョン教授の研究チームがモノリシック3次元集積のメリットを最大限にし、既存の通信素子の欠点を克服する化合物半導体素子の集積技術を開発したと14日に明らかにした。 モノリ […]

研究開発

韓国研究機関、東芝などが先行する発電用水素燃料電池技術を国産化…韓国企業に技術移転

韓国の研究チームが、太陽光、風力などの再生可能エネルギーの余剰電力で生産された純粋な水素を燃料として運転できる高分子燃料電池(PEMFC)を利用した発電用システムの技術を開発し、韓国企業に技術移転した。 韓国エネルギー技 […]

半導体 研究開発

韓国光技術院「世界初の高性能グラフェン-銅配線製作技術を開発」 ネイチャー姉妹紙に掲載

韓国の国内研究グループが世界で初めて高性能グラフェン-銅配線製作技術を開発した。 半導体とディスプレイ分野に幅広く適用できる。   (参考記事:「韓国が「マグネトロン」技術を国産化 「日本の技術より優れている」 […]

EV・バッテリー 研究開発

韓国研究チーム「次世代正極材の短所を克服できる設計原理を発見」

韓国の研究チームが、次世代電気自動車バッテリー素材として注目されている「無秩序岩塩型物質」の設計原理を新たに提示した。 ウルサン科学技術大学校(UNIST)エネルギー化学工学科のソ・ドンファ教授の国際共同研究チームは、高 […]

半導体 研究開発

「日本独占技術を追撃」 韓国研究チームが酸化ガリウム電力半導体の開発に成功

韓国の研究チームが、次々世代の電力半導体と呼ばれている酸化ガリウム電力半導体の開発に成功した。韓国セラミック技術院(KICET)は5月9日、光電子部品素材センターのジョン・デウ研究員の研究チームが酸化ガリウム電力半導体の […]

EV・バッテリー 研究開発

韓国KIST「半導体材料でEVバッテリー火災を防ぐ電極を開発」

電気自動車バッテリーの火災原因の一つであるデンドライトの生成を半導体材料で防ぐことができる技術が韓国の研究グループによって開発された。リチウムイオン二次電池の爆発の危険性を、半導体技術で大幅に削減することができるものと思 […]

研究開発

韓国UNIST「曲げることでメタマテリアルの表面構造を変化させる技術を開発」

メタマテリアルの機能は、物質表面の微細構造によって決められる。メタマテリアルの微細構造の材料は高価であり、形成が難しいため、一度作った微細構造を変形させる技術が商用化のカギとなっていた。韓国ウルサン科学技術大学校(UNI […]

半導体 研究開発

韓国研究チーム、次世代半導体の素材合成技術開発を発表…シリコン素材を代替

韓国の研究チームが2次元半導体素材(原子水準の厚さを持つ薄い素材)を広く均等に成長させる技術の開発に成功した。この技術で合成された遷移金属カルコゲン化合物は、半導体素子の製作に使用できるぐらい大きい上に、優れた結晶性を持 […]

研究開発

スパコンで日本に完敗し政府批判噴出の韓国、今度は期待論浮上…英ARM技術協力で

スーパーコンピュータの性能で世界1位となった日本の「富嶽」が本格的に稼動し始めた。韓国のスパコン「ヌリオン」は22位に留まったことから、基礎科学のレベルが低いことへの批判がある一方、ARMの協力により、今後韓国も急成長が […]

EV・バッテリー 研究開発

KAIST、寿命の長い次世代電池「高容量リチウム過剰正極材料」を開発

KAIST(韓国科学技術院)は、新素材工学科チョ・ウネ教授の研究チームが、既存のバッテリー正極材より20%以上エネルギー密度が高く、安定性を維持することができる「高容量リチウム過剰正極材料」を開発したと3日、明らかにした […]