半導体 研究開発

中国SMICが7ナノ半導体の製造工程開発に成功?…「テープアウトに成功」と取引先

中国最大のファウンドリー(半導体委託生産)企業であるSMIC(中芯国際集成電路製造)が、アメリカ政府の制裁の中で、7ナノプロセスの初期技術の開発に成功したと韓国紙が報じている。 半導体設計企業(ファブレス)である中国のI […]

半導体 研究開発

韓国政府が半導体素材など国産化計画をレベルアップ…先進国比85%に引き上げ

韓国政府が半導体素材などの国産化計画をレベルアップすると発表した。 韓国のホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官は14日、素材・部品・装置(以下、素部装)の競争力強化の基本計画を策定し技術水準を引き上げると発表した。ホン副首 […]

EV電池 研究開発

EV界のゲームチェンジャー? サムスンが走行距離1000kmの電池関連技術開発に成功

韓国サムスンが、1回の充電で1000kmの距離を走行することができる電気自動車バッテリーの商用化を早める技術を開発した。ガソリン車に比べ走行距離が短い電気自動車にとってネックとなっているが、今回の研究により、それが大幅に […]

研究開発

韓国研究チーム「分子の電気的性質を変化させる《万能作用基》を開発」と発表

韓国科学技術院(KAIST)化学科のベク・ムヒョン教授(基礎科学研究院分子活性触媒反応副研究団長)の研究チームは、同じ化学科のハン・サンウ教授(ナノテクトニクス創意研究団長)の研究チームとの共同研究を通じて、電圧をかける […]

研究開発 通商・特許

[特集]その名も「コリアンパラドックス」…研究費は世界有数だが特許件数が低い韓国

韓国は人口一人あたりの研究開発(R&D)費用で世界1位であり、GDP比でも世界2位であるが、それに伴う世界での特許件数が他国に比べ相対的に低いことが分かった。韓国メディアをして「コリアンパラドックス」と呼ぶ現象だ。 &n […]

半導体 研究開発

韓国政府、AI半導体エンジニアを3000人育成へ…「総合半導体強国」飛躍のための戦略案策定

韓国政府は12日、2030年までに人工知能(AI)の半導体技術を持つ人材3000人の養成など、「総合半導体強国」に飛躍するための戦略案を策定した。政府は同日午後、京畿道・城南にあるシステム半導体設計支援センターにおいて、 […]

その他 特集 研究開発

[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分

日本の経団連に相当する韓国の全経連(全国経済人連合会)は8日、韓国における水素経済(水素産業および同市場)の現状についての分析と政策提言を行った。2050年における世界の水素経済の市場規模は約265兆円とされる。韓国は水 […]

研究開発

韓国UNISTが国産化拠点に…「超軽量、高耐食性マグネシウム合金素材の商用化」など推進

韓国のUNIST(蔚山科学技術大学)が、韓国東南部地域の素材・部品・装備(以下、素部装)分野の技術革新のため、地域に特化した研究開発や技術移転などを支援する「素部装革新研究所」に選定された。 韓国産業省(産業通商資源部) […]

半導体 研究開発

韓国政府機関、フッ化水素の品質評価設備を構築…「測定能力は世界最高水準」

韓国標準科学研究院(KRISS、院長パク・ヒョンミン)は22日、韓国産フッ化水素など、半導体用の高純度ガス素材に対する品質評価設備を完成させたと発表した。 KRISSは日本による半導体素材の輸出規制(輸出管理強化)に対応 […]

特集 研究開発 通商・特許

[特集]世界における韓国AI産業の現状…インフラや特許は上位も政府戦略や人材など劣る

日本の経団連に該当する、韓国の全経連(全国経済人連合会/FKI)は16日、「グローバルAIインデックスで見た韓国AI産業の現状」という題のレポートを発表した。 同レポートにおいて全経連は、韓国のAIインフラ・特許は世界で […]

イメージセンサー 研究開発

知能型イメージセンサ開発に弾み…韓国研究者、感覚順応模倣のフォトトランジスタ開発…

韓国の成均館大学の新素材工学科ホン・ソンイン博士(第一著者、キム・ソングク教授研究チーム)とチェ・スンヒ博士(共同第一著者、ユン・デホ教授研究チーム)が共同研究を通じて、人間の感覚順応を模倣する、ニューロモーフィック・フ […]

研究開発

サムスンが支援の研究チーム、DNAコンピューティング人工ニューラルネットワーク具現

サムスン電子は27日、サムスン未来技術育成作業により支援されたソウル大学化学部ナム・ジャミン教授の研究チームが、DNAコンピューティングアーキテクチャを利用したナノ粒子人工ニューラルネットワークを世界に先駆けて実現したと […]

ディスプレイ 研究開発

ソウル大「長寿命のLED開発」と発表…次世代ディスプレイ素材として注目

ソウル大学は7日、材料工学部のイ・テウ教授の研究チームが、次世代ディスプレイ素材で脚光を浴びる発光ダイオード(LED)を開発したと発表した。 3D-2Dハイブリッドペロブスカイト材料を発光体に適用し、従来の30分に過ぎな […]

研究開発 通商・特許

韓国特許庁と産業省、素材など国産化のため知的財産やR&Dで共同支援

韓国特許庁と同国産業省(産業通商資源部)は6日、ソウルで「知的財産権ベースの産業政策樹立のための官民政策協議会」を開き、知的財産政策と産業政策の連携強化について協議したと発表した。 同協議会には、ソン・ユンモ産業省長官と […]

半導体 研究開発

韓国政府設立の「システム半導体設計支援センター」…年中無休・無償で設計支援

韓国産業省(産業通商資源部)は29日、「1年365日、24時間、誰でもアイデアがあれば、無償で半導体設計ツールを用いてチップを設計することができる」という半導体設計支援センターを開所したと発表した。 ソン・ユンモ産業省長 […]

EV電池 研究開発

LG化学と現代自動車、EV車および電池のスタートアップ発掘プログラム設立

現代自動車グループおよび同傘下の起亜自動車が、LG化学と共同で電気自動車および同バッテリー分野における有望なスタートアップ企業の発掘プログラムを立ち上げたと発表した。将来のコア技術を確保するための事業であるとのこと。 「 […]

EV電池 研究開発

KIGAM「フッ酸用いない高純度黒鉛技術を開発」と発表…二次電池で活用

人体や環境に有害なフッ酸を使用せず、環境に優しい高純度のグラファイト(黒鉛)を製造可能な技術が開発された。高純度グラファイトは、リチウムイオン電池など、二次電池の核心素材・負極材として広く活用されている。 韓国地質資源研 […]

EV電池 イメージセンサー 半導体 特集 研究開発

[特集]注目されるサムスンと現代自動車の接近

サムスン電子が現代自動車と手を結ぶのではないか?一昨日から、韓国メディアでは、両社の接近に関するニュースが大きく注目された。13日、現代自動車のジョン・ウィソン副会長は、韓国天安(チョナン)にあるサムスンSDIの電池工場 […]